自分"から"やる

主体性のない人間は何なんだろーかと最近思う。

周りの人の意見は自分と違うけど、好みは自分と違うけど、とりあえず合わせておけば問題ない。反論されることもない。その人たちとの関係が悪くなることもない。

 

何が楽しくて生活しているのか。

 

彼らはその時その時で取り繕っているつもりかもしれないけど、第三者からしてみれば案外バレバレだ。

 

時には本来走るべきレールから脱線してもいいから、こんなことやってみるか、楽しいことやろうぜ、たまには遊ぼうぜと言ってる人のほうが、見てて本当に充実してる印象を受けるしうらやましく感じる。

 

自分「で」やる。確かにごもっともだろう。他人の力を借りずに自分一人でできることがあるのなら、多いに越したことはない。

では、そのうち自分「から」やっていることはどれくらいの割合だろうか?